スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一歩前へ 

アケミちゃんが退職することになり、
 もう何日も彼女に会っていない。

 KENは今、
 職場に2人気になる人がいて。

 一人は派遣の子。

 歳はアケミちゃんと同じで、
 なぜか入社してきた時からお気に入り。

よくちょっかい出して遊んでるうちに、
 「俺、この子のコト好きなのかなぁ」
 なんて思い始めた。

もう一人は、
ひとつ年上の社員のカワダさん。

 典型的なO型で、
 ほんわかしてて、
 タレ目が可愛くて、
 いわゆるKENのタイプ。


こないだ職場で、

 「カワダさん、めっちゃタレ目ですね~」
 「俺、タレ目大好きなんですよ」

 と、タレ目愛好家をカミングアウト。


それを聞いたカワダさん、
笑いながら突っ込む。

「それって、
カワダさん大好きってコトでいいですか?」


その場にいた一同爆笑。

「それでいいです!」

KENも笑いながら答える。


 こんなやりとりが出来るのが自然というか、
 自分本来の姿というか。

 アケミちゃんとは、
 結局最後まで壁を作ったままだったコトが、
 今はよくわかってしまうのだ。

スポンサーサイト

最近の気になる人々① 

友達に誘われた飲み会。
職場のアイドル的な子が来ると聞き、胸が躍る。

メンバーを見渡し、ちょっと目を引く可愛い子を発見。
この子のことだなー。
久々に飲み会でトキメいた。

その子の声を聞いて、びっくり。
初恋の人の声にそっくりだ。

一次会はずっと離ればなれの席だったけど、
何とかがんばって接点を作る。

そして、店を出るときに、すっとその子の隣に(得意ワザw)。

距離を縮めて、自己紹介トーク。

「自分に自信がないんです」と言う彼女。
無意識に男性不信さんを思い浮かべるKEN。
あのパターンか・・・。

「顔可愛いよね」と言うと、
「異性からは久々に言われた」と喜ぶ。

男性不信さんよりは扱いやすいw

お互い、「人見知りなんだ」、と言い、
彼女の行きつけの美容院をKENが知っているとか、
共通点を見つけだし、わかりあえそうな雰囲気を作る。

甲斐あって、二次会では隣同士に。
お酒も入ってうちとける。

ここで今しかない、と思い、口説きモードに入る。
他の人に聞かれてもかまいやしない。

「彼氏さんとはうまくいってるの?」
「・・・どうなんでしょうね」

微妙な反応なので、すかさずデートに誘う。
もちろん戸惑う彼女。

「何が好き?」
「串が好きですね。モツ焼きとか」
「あ、それならいい店知ってるよ」
「ホントですか?」
「うん、ホントホント」
「彼女さんは?」
「いないよ」
「ホントですかー?何人もいそう・・・」

どんなイメージですか・・・。

「ま、とりあえずメールしてよ」
「はい、します」
「本当にだよ。俺本気だから」
「はい、しますって」
10回くらい念を押す。

お互い疑い深い。

というコトで、今はこの方のメール待ち。

偶然にもアケミちゃんと生まれた年と月が同じ。
血液型はAB型。

それにしても可愛い子だったなー。
ホントにメール待ってるからなー。

メール来たら記事書きます。
来なかったら・・・書きませんw

カップル成立 

取引先からの頼みとあらば、お断りするのも・・・、
というコトで、ある催しに参加。

何の話かというと、カップリングパーティー。
男が不足らしく、取引先のホテルの担当者から、
参加のお誘いが。

女性が多いパーティーもあるんだなぁ、
なんて思いながら、人生初のカップリングパーティーに申し込む。

どんな内容か、何人来ているのか、まったくわからないまま会場へ。

広い!
人多い!

そこは結婚式の二次会のような雰囲気。
確かに女性が多め。

とりあえず、近くの女性に声をかけてみる。

「友達に勧められて、何となく来てみたんですよね」
とのこと。

本当に出会いを求めて来ている人はいるのだろうか、
と一抹の不安が頭をよぎる。

せっかく来たからには、何か出会いがなくては!

とは思うものの、パーティーはほとんどゲーム大会で、
しかも、KENはその後アポが入っていて、最後までいることが出来ない。

ちょうど、一人でポツンと立っている女性が目に留まった。
最初同じテーブルについていた人だったので、話しかけてみる。

感じの良い人で、しばらく会話を楽しむ。

そうしているうちに、参加者に『告白カード』なるものが配布された。
自分の名前と、自分の気に入った人の名前を書く紙だ。

「告白カードかぁw
書きますか」

「そうですね」

その女性と、互いの名前を書き合う。

カップル成立(笑)

こんなんでいいのだろうか、と思ったが、
KENに残された時間は残り数分。

カードに記入すると、アポが入っているコトを告げ、
謝りながら、そそくさと会場を抜け出す。

せっかくだから、最後までいたかったなー。

この人とは一応電話番号を交換したので、
今後、何かあるかもねw

短い一週間 

恋していないと、書くことが減ってしまう。
仕方ない。

◆バレンタインデーは、元カノさんにチョコレートケーキをもらい、
あとは職場関係や、たまたま入ったロッテリアでもらったりで、
全然めでたくない割りに、一日中チョコレート食べていたw

◆営業で、あるラーメン屋に行く必要が出来て、
試しに、男性不信さんをそのラーメン屋に誘ってみた。

撃沈。

相変わらずレベルMAXだw
食事にも行けないって、よっぽどだよー。

◆アケミちゃんは、毎日のようにmixiで日記を書いている。
一日に二回書く日もある。

どうやら暇らしい。
そんなコト言うと怒られるけど。

今日はだいぶ前に観た映画の感想を書いていて、
先日の足あとなんかも考えると、KENの映画レビューが少なからず影響しているのかも。

◆ジムにはなかなか行けなくて、
例のインストラクターさんも、気になっている会員さんにも、
ここ一週間会えていない。



そんな感じの一週間だった。
一週間がこんな短くまとめられちゃうのかと思うと、
なんだか悲しい気がするけどw

気を楽に 

ここのところ、仕事人間になりつつあるKENです。
おかげで、全然恋愛モードに入れません。

てか、今はそれでいいんだよね。
いろんな人と知り合うコトが先決。

今のところ、気になる存在は3人くらいしかいない。
しかも、全然デートに誘えるような仲でもなく。

一人は銀行の女の子で、名刺交換したくらいだし、
もう一人はたまに行くイタリアレストランのウェイトレスさんだし、
最後の一人は、例の19才のインストラクターさんだったりする。

この3人と、もっと仲良くなるのと同時進行で、
あともう2,3人は気になる人を見つけたい。

気は楽でいいけどね。

アケミちゃんも、結局マイミクのままで、なんか慣れちゃって、
ちょっと前まで、早くマイミク外したいと思っていたのが嘘のよう。

万が一にもあり得ないけど、もしアケミちゃんからメールがきたら、
普通に優しく返事出来る気がする。

これは、子離れならぬ‘アケミちゃん離れ’が進んでいる証拠だね。

だいぶ途中をはしょった文章になってしまったけど、
何となく雰囲気は伝わるかなw

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。