スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブ・デスティネーション 


恋してないというのは、自由というか、無責任というか、
ちょっとした境地かも、とさえ思えてきた。


少し引いた目線で世界が見えてる。


女の子を見る目も、冷静且つ公平。
かわいさに飛びつきもしなければ、
悪いところに拒絶反応もしない。


高校時代なんかは、悪いところばかり目についたもんだけど、
最近のKENは、相手の良いところにまず目がいく。


相変わらずの外見重視は勘弁してもらうとして(笑)、
良いところを見つけられる点は成長の証かな、なんて思う。


良いところが見えやすくなったら、その分恋にも落ちやすくなったのか?
と言えば、むしろそれは逆で、恋に落ちにくくなっている。


どんな人でも良いところがあって当たり前、と実感できるので、
おいそれとは、恋に落ちるわけにはいかないからw


だから今は、自分史上、最も恋に落ちにくい時期だと思う。


で、この状況を楽しめてるということは、やっぱり自分は、
まず「恋心」ありきなんだなぁ、と思う。


まず「彼女欲しい」からスタートする人もいるけど、KENの場合、
好きな人が出来て、そこで初めて彼女にしたいと思うから。


どっちがどうってわけじゃないけどね。


なんとなく、スタート地点が違うと、目的地まで変わってしまう気がするのだ。

スポンサーサイト

恋に落ちそうで落ちない感覚 

男性不信さんしか見えなくなっていたあの頃に比べると、
今は格段にすがすがしい気分で、テンションも高め。


今は、KENには珍しく、誰にも恋をしていない。


だけどその分、いろんな人に対等に気を配ることができて、
コミュニケーションを楽しめている感じがする。


女性に限れば、いま接する機会が多いのは年下の子。
しかも、5~8歳くらい離れてるから、ちょっと余裕かましてます。


KENのことなので、ほっといてもそのうち恋に落ちてるんだろうけど。


今日もアケミちゃんから
「特に意味はないんですけど、メールしてみました(^O^)」
というメールをもらって、危うく恋に落ちるところでした。


あぶない、あぶない( ̄ー ̄;


アケミちゃんは彼氏持ちだけど、
それで恋に落ちないKENではないのだし(笑)


この恋に落ちそうで落ちない感覚がとても心地良い。

別れる?別れない? 

最近うまくいってるカップルって少ないんだなぁ、と実感。


職場の後輩アケミちゃんは、この春大学を卒業したばかり。


「働きたくないから、お嫁に行きたいですよ」って言うから、「彼氏さんとは?」って聞いてみたら・・・。


「もう別れたいですよぉ~」って、おいおい君もかよ(笑)


彼女には彼女なりのビジョンがあって、将来旦那さんになる人は、土日は家にいて、子供の運動会に行ける人なんだそうな。


彼氏さんは医学生で、当然将来は医者。今でもあまりかまってくれないのに、医者になったらなおさらムリだろうって( ̄-  ̄ )


長くつき合ってればいろいろ出てくるからね。


一回別れてみてもイイと思うんだ。


KENも、前の彼女と一度だけ、別れて、やり直した経緯がある。。


別れなきゃいいのか、って言うとそうじゃないと思うのだ。

片思いはつらいけど好き 

最近チョコばかり食べている。


割と、飽きるまで食べ続けるタチで。


ジムのインストラクターさんに勧められて以来、毎日食ってるね。


確かに元気が出るんだ。


恋愛している人の必需品かも知れないな。


恋愛と言えば、KENにとって恋愛って、片思いと同意な感じがする。


両思いになると、段々と恋愛感情が薄れてしまっていけない。


だからかな、いつまでも成長してない気がするのは。


確かに、好きな人と一緒にいて楽しいし、嬉しいのに、恋愛している感じがしなくなって、友達感覚になってしまう。


いかんよね、これは。


このままじゃ、一生片思いしてないと、満足できなくなっちゃうかも知れない。

会話って難しい 

先日、某トーク番組で、劇団ひとりさん曰く。


「その日のトークを思い返して、あの時こう言えばもっとウケたのにと思う」、と。


すっごい良くわかる。


もちろん、自分芸人じゃないので、ウケを狙ってはいませんが、「もっと分かり易い言い方あったなぁ」とか、「本当はこういう風に言いたかったんだよなぁ」ってしょっちゅう思います。


blogだったら後から書き直しもできるけど、


「いやー、俺、あの時さ、本当は『××××』って言いたかったんだよね」


なんて、イチイチ言ってはいられない。


なんでかと言うと、会話の中には、「タイミング」って要素もあるからですね。


どんなにうまく自分を表現したところで、それが半日後では会話は不成立なわけで、そこが会話の難しさ、奥深さなんじゃないかと。


自分の会話能力に、反省は尽きません。


KENは劇団ひとりさんと性格似てるのかもなぁw

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。