スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【連載】最高で最低な彼女(17)告知 

この期に及んでも、目の前の現実を受け入れることが出来ず、
KENはとりあえず、ユキの実家のある町へ行こうと思った。


何度もユキに案内された町だ。
今では一人でも行ける。


電車に揺られること40分。
ユキの育った町に、一人で降り立つ。


記憶を頼りに、町を歩く。
ユキの実家はこの付近のはず。


公衆電話から、実家に電話を架ける。


KEN「もしもし。ユキさんはいらっしゃいますか?」
女性「・・・あ、ちょっとお待ち下さい」


様子が変だ。
単に見知らぬ男からの電話というだけではない。


しばらく待つと、母親と名乗る女性が出た。
KEN「ユキさんはいらっしゃいますか?」
母親「いえ、今はいないんです」
KEN「いつ頃なら戻られるんでしょう?」
母親「あ、いえ、結婚いたしまして、今はここにはおりません」
KEN「けっ・・・こん・・・?・・・え?」


血の気が引き、目の前の景色が、グルグル回りだした。


つづく

スポンサーサイト

コメント

血の気が引く感じ、すごくわかるよ。

文章で表現するなら、「血の気が引く」に尽きるけど、実際は言い表せない感覚だよね。

本気で好きだと余計にね><

2つ前の恋も、同じような感じだったけど、ショックはあっても、そこまでの衝撃はなかったなぁ。

人生の中で、二度と経験したくない出来事の1つだよ。

やっぱKENちゃんはいい男だ(。ゝω・)b

だって身をもって、人の心の痛みがわかる男になったんだからw

りお姉さん^^

言い表せないねー。
そこをわかってくれる人は貴重だな。

一滴の水から太平洋の存在を想像できるような人でない限り、
似たような経験をしないとわからない感覚でしょうね。

KENの場合、これくらいの経験をしないと、
人の痛みのわからない人間だったって事だったんだろーと思います。

えぇぇぇ・・・

あ、ありえない・・・・。
なんだそりゃ・・・。
何て言うか思考回路が止まるような原因を必死で探しそうな・・・。

う~ん・・・さすがにそこまでの経験はないから心境はわかんないなぁ(>_<)

でもこれだけ大きい痛みを乗り越えたならメッチャいい男になれるのは間違いないですね。うん。

ユキさん結婚したんですか?????
えっ??KENさんの他に付き合ってた人が居たんですか??

ビックリっていう表現じゃ留まりませんね。。。
私には全く分からない感覚です・・・。

まそらさん^^

ね、段々あり得ない方向に向かってますでしょ?w
大人のやることじゃないよなー。
「わたし子供だもん」というユキのツッコミが聞こえてきそうですが(笑)

本当にいい男になってるのかなー。
その頃より格段にモテなくなった気がするんですが(爆

「メッチャ」って、まそらさん、もしや関西人?w

ひなちゃん^^

ひなちゃんとは良く同時inするよねw

そうなんだよー。
結婚してたんだよー。

一瞬状況を把握出来なかった。

だって、俺結婚してないけど!?
みたいなw

他の男に決まってるのにね~。

それくらい想定外だったわけです。

ひなちゃんはそういう経験をしないで済むように祈ってます^^

惜しい

イイ男がモテるとは限らないですからw

関西人ではないけど、近いとこには住んでますよ(^_^)
ちなみに関西弁が出るのは単なる憧れですw

ハズしたかw

まそらさん^^

なるほどー。
とは言いつつモテたいw

関西に憧れるあの辺の地域というと・・・。
少なくとも名古屋ではないですね(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwakelove.blog52.fc2.com/tb.php/164-997711e2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。