スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【連載】最高で最低な彼女(18)命拾い 

KENは残っていた冷静さを総動員して、
「あ、そうなんですか。じゃ、失礼します」
とだけ言い終えると、受話器を置いた。


やはり、体の一部は知っていた。
でも、もう隠し通せない。
耳ではっきり聞いてしまった。


駅に戻り、隣接するファーストフード店に入った。
食欲は全くなかったが、ボソボソとハンバーガーを食べた。


頭が真っ白なまま、自分の町までの切符を買い、
いつのまにか、KENは走る電車から外を眺めていた。


その間考えていたのは、死ぬ方法。
飛び降りる勇気はないし、飛び込むのは迷惑だし、
焼身自殺は絶対イヤ。


毒かなぁ。でも、毒なんて持ってないや。


あ、アルカリ性洗剤と酸性洗剤を混ぜよう。
あれなら知らないうちに意識もなくなるから。
うん、そうしよう。


電車が駅に着く。
雑踏に入った途端、思い出した。


あ、そうだ、明日バイトだっけ。
友達に紹介してもらったばかりのバイトだった。


さぼったら、そいつの顔に泥を塗っちゃうなぁ。


そんなことが、KENを今も生かしている。


つづく

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

振られた時・・・生きる気力ってなくなりますね・・・。
私も好きな人に振られた時、死んだらこの辛さ忘れられるし、私が死んだらその人が少しでも困るかもしれない。
ちょっとでも気にかけてくれるかもしれない。。。
そんなことを考えたことがありました。
でも私はホントは死にたくなんてなかったです。
正直・・・悔しかったから見返してやりたかっただけでした。

KENさんもホントは死にたくなかったんですよね??だから友達が紹介してくれたバイトを思い出して思いとどまれた。

私はある歌のフレーズが好きです。
チャンスは何度でも訪れてくれるはず
彼だけが男じゃないことに早く気づいて


そう。男も女も星の数ほど居ます!!
自分を振った男なんて、私の魅力に気づいてないだけ!!バカだなぁ~ってくらいな大きな気持ちで思っていればいいんだと思います。

今は、そんな大きい心を育成中です。(まだまだ時間がかかりそうですが・・・^^;)

人を本気で好きになること

本当にその人が好きで大好きで何者にも変えれない想いを持っていると、別れた時そういう感情になるんですね・・・。

正直、私は失恋で死にたいと思ったことがないので、そこまでの感情が生まれてくるほどユキさんが好きだったKENさんが羨ましくも思います。

人にされたことで死にたくなった時、救ってくれるのも人との関わりなんだな~って改めて感じさせられました。

ってここで終わりじゃないんですね。
この後何か起こるんだろうか・・・。
気になる!!

秘密コメさん^^

事実とは言え、もう少しソフトに書けば良かったかな、とちょっと反省。

過去の自分をおしおきしなきゃいけないですね。
心に響くコメントありがとうございました。

久し振りに見たら

真面目なKENさんは毎日書いてらっしゃる様で…。
私もさぼりがちですが連載頑張って描いてます(σ´Д`)σYO!!

私もいつかKENさんとユキさんのようになってしまう気がして、一瞬だけ時が止まってしまいました。
年が離れていると言うこと。
自分を大切だって思ってくれていること。
だけどその気持ちは付き合いたい、結婚したいといった意味ではないこと。
その一つ一つの事実が、私には重くのしかかっています。
KENさんと違って付き合っている状態では無いですけど、ある日突然連絡が途絶え、「結婚しましたよ。」なんて告げられた日には、私はきっと正気じゃなくなるでしょうね(笑)

人を本気で好きになることの意味の重さを、今になって実感しているゆかぺです。

ひなさん^^

まずは、ひなちゃんがこんなに真剣に、長い文章を寄せてくれた事が何より嬉かったです。

ありがとう。

ひなちゃんが言うとおり、死にたいわけじゃなかったんだよね。
ただ生きることが無意味に思えてしまっただけ。

思いとどまったとは言え、立ち直りにはかなーり時間かかりましたけどねw

KENも大きな心になれてないからなー。
やっぱ、その女だけが女だと思っているから一緒にいたわけで、人口の半分が女性だとか言われても、本人にはたいして意味は持たないんですよね・・・。

あんまり意識はしてないけど、この時負った傷が、多少は女性と深く関わることに恐怖心を抱かせてるのかもしれないですね。

まそらさん^^

ホントだ。
人との関わりで死のうと思ったり、思いとどまったり。
そういう見方はしたこと無かったけど、そうですね。
まそらさんならではの視点ですね。
ポイントオブビューw

何にしてもKENを本気にさせてくれたユキの存在は偉大です。
またこういう本気の恋愛がしたいです。

そうです、これで終わりではないのです、一応。
ま、何も起こりはしないんですがw

ゆかぺさん^^

ええ、結構真面目なんですよ。
まぁ書き溜めた物を随時アップしてるだけとも言いますがw

そうかー、何かイヤな予感を抱かせてしまいましたか。
年上の人だと、いきなり結婚リスクは低くはないですね。

森高千里が結婚したときでさえ、KENは軽く失恋した感じがしました(笑)

ハイリスクハイリターンというわけではないけど、本気で好きになるという事は恐ろしい事です。

でも、恐ろしい以上に幸せな事ですから。
恐れず真っ直ぐ前を見ていましょう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwakelove.blog52.fc2.com/tb.php/165-49e12d45

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。