スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おあずけとクリスマス 

仕事をバビっと片づけて、アケミちゃんとの待ち合わせ場所へ。

3週間ぶりかー。
ちょっと緊張w

現れたアケミちゃんの指に、例のリングが。

「何これ?」
速攻指摘。

「え?時計?バッグ?」
「いや、これ」
「あっ、ごめ・・・。すいません、習慣で」
と言って、慌ててリングを外す。

習慣って、毎日つけてんのか・・・。
はー、ま、いっけど。

新しく駅前に出来たダイニングバーへ行く。

忘年会シーズンで並んでいたけど、
2人と少人数なので、すぐに通される。

窓際のカウンター席へ。
夜景よりも、隣合って座りたかったので。

そこで3時間ちょっと、ディナーを楽しむと、
外に出た。

手袋の上から、アケミちゃんの手を握る。
駅に向かって歩く。

今日は進展が欲しくて、互いの家に行きたいと思っていたので、
「アケミちゃんの家に行ってもいい?」
と聞いてみる。

アケミちゃん、首をフルフルと横に振る。

「家散らかってるんで・・・」
「じゃ、俺ん家来ない?」

再び、首をフルフルと横に振る。
どっちにしても、おあずけなのね・・・。

でもまー仕方ない。

次の休みの日や、クリスマスは会えるっぽいので、
それでひとまずは、満足しとくしかないか。

地下鉄の改札の前で、もっと一緒にいれたらいいのに、と思う。

アケミちゃんの手袋を取り、直に手を握る。
あったかい。

あったかいけど・・・。

手のぬくもりは伝わっても、心の中はわからない。
でも、今はこうして触れあえるコトが、大事なのかも知れないな。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwakelove.blog52.fc2.com/tb.php/234-9216f84b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。