スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素直な気持ち 

アケミちゃん熱がぶり返して、
どーしたものかと、ちょっと困る。

選ばれることはないとわかっているのに、
相手を欲しがってしまう、自分への苛立ち。

そして、悔しさ。

それに耐えながら好きでい続けることが、
どれほど負担になるか、よくわかっている。

そういう状況に身を置くことが、
自分にとって全くプラスにならないことも。

だから、思い出してしまったこの気持ちを、
なんとかして、一刻も早く忘れたかった。

自分を守るために。


だけど、そんな悩みは、今日のところはどこかへ吹っ飛んでしまった。


週末あたりから、仕事の進め方を巡って対立していたKENとアケミちゃん。

ちょっと責めるような態度もとっちゃったし、
KENが指摘すると、
アケミちゃんらしくもなく逃げ腰で。

なんだか悪いことしちゃったかなぁ。

アケミちゃんへの態度に恋愛感情が影響していたのは事実だし、
それを少しでも仕事に持ち込んでいた、
自分の未熟さを恥じた。

そんなことを考えていたら、
KENの中に優しい気持ちが芽生えていた。


気がついたら、アケミちゃんに自然に話しかけている自分がいた。

まだアケミちゃんは警戒してるらしく、
笑顔ではなかったけれど、
それでも全然構わなかった。

今までは、アケミちゃんの笑顔を見たいと思うばっかりで、
笑顔にしてあげることを忘れていた。

それに気付いたら、
アケミちゃんを好きでいることが、
全然辛いことでも、苦しいことでもない気がしてきた。

アケミちゃんを見ると口許がフッと緩んでしまうあの感覚を、今は大切にしていたい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwakelove.blog52.fc2.com/tb.php/337-9a30a40e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。