スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日もヒトミに会えんだぜ 

明確な指示がないまま進む仕事。
指示があってもコロコロ変わるのも当たり前。

しかも、ボリュームもかなりあって、
締め日に追われる焦りもある。

KENがフルサポートしているとは言っても、
そんな状況に耐えられなくなったようで。

ヒトミさんも、早くも1週間目にして泣きが入る。


「もうダメだ・・・。
一服する」

「そうだな、リフレッシュするか」

ということで喫煙所へ向かう。


他の社員とのコミュニケーションの悩みもあるみたいで。

「あの人さ、ヒトミの後に入ってきて、
まだ何も出来ないのに、年上だからいきなりタメ口だしさ・・・。
ナメてるよね」

「あ!KENさんのコトは尊敬してるよ」

自分がKENにタメ口なのに気づいて、
慌ててそう付け加える。

「あはは、そっか」

KENも別にそれは気にならなくて。
多分、彼女のキャラなんだろう。

溜まっていたものを吐き出し、
うずくまって泣き出す彼女。

「大丈夫、心配ないって」

でも、こんな時、コトバは無力だ。

彼女の頭に手を乗せ、
軽くポンポンと叩く。

「今日はお昼で上がりだし、
明日は休みだし。
もうちょいだよ」

うんうん、と無言で頷くヒトミさん。

彼女が落ち着きを取り戻したの見て、
オフィスに戻る。

お昼になり、KENはランチへ。

会社へ戻る途中、
帰宅するヒトミさんとバッタリ。

明日はシフト休みだけど、
締め日も迫っているし、出勤することにした、
と告げられる。


そして、別れ際、歩き出しながら、
「明日もヒトミに会えんだぜ!」
と親指を立てて、笑ってみせる。

KENもすかさず、
「楽しみにしてるぜ!」
と同じ仕草で返す。


「あはは」
と、笑顔で去っていくヒトミさん。

一人で帰れるかどうかも心配だったKENにとって、
その笑顔は何よりの安心材料だった。

女の子の多い職場で、
悩みを抱えるのはやっぱり女の子で。

多少でも、それを軽くしてあげられるなら、
男冥利に尽きる、と言っても大袈裟じゃないんだよなー。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwakelove.blog52.fc2.com/tb.php/353-7ba4949e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。