スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に 

気が付けば、
もう一ヶ月もblogを書いていなかった。

アケミちゃんが退職してから、
ますます仕事に追われる毎日。

徹夜して、会社の応接室のソファで寝る、
なんてことも。

忙しくしながら、
次第にアケミちゃんのことは、
思い出へと変わってきていた。

職場に気になる子も2人ほど。
一人とはデートの約束を取りつけていた。

そんな折りだった。

アケミちゃんから、突然メールが来たのは。

「今日って出勤してますか?」

タイミングも突然なら、
メールの出だしも唐突だ。

話を聞くと、退職に際して頼んでいた書類が未だに届かず、
KENから担当者に伝えてくれないか、
ということらしかった。
KENに頼んでくるほどだ、よほど困っているんだろう、
と思うと同時に、
困ったときには傷つけた相手でもお構い無しの文面に、
多少腹立たしい思いもあった。

実は、総務の担当者が体調を崩し、
会社に来るのもままならない状態で、
アケミちゃんの書類が準備出来ていないのだった。

その旨を書き添え、
「一応伝えてみるよ」
と引き受けることにする。

しかし、それへの彼女の返信が、
KENの意思を翻させた。

「そんなこと、私には関係ないし、って感じです。
担当者が出来ないなら、
他の人にきちんと引き継ぐべきです。
本当に急いでいるんです。」

冒頭にありがとうの一言でもあれば良かったのだろうが。

引き受けたにも関わらず、
いきなりのキレ気味の愚痴メールに完全に気分を害され、
「正直俺にも関係ないし」
と、こっちもキレ気味に。

10分後。

「じゃあ、いいです。
メールしてすみませんでした。
もう一切メールしませんので。
失礼しました。」

面倒な役を免除され、
アケミちゃんの感情爆発のメールにある意味満足し、
思わず笑いが漏れた。

もうこれで完全に最後。

つくずく合わない同士なんだなぁ、
とあらためて実感。

楽しかったし、
苦しかったし、
悲しかったし、
腹立たしかったし。

こんだけ思い出あれば十分だ。

新しい恋をする準備は、
もう整いはじめていた。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwakelove.blog52.fc2.com/tb.php/358-130a4367

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。